1. 未分類
  2. 6 view

公衆電話は災害時に使えるのか?

東日本大震災時発生直後に多くの人が安否確認を行おうとした
結果携帯電話での通話が一定期間できなくなる不具合が生じました。

安否確認をしようとする人々の携帯電話網へのアクセスが短期間に集中したためと
言われています。通話の輻輳が発生したためと言われています。

このような通話の輻輳がない環境で災害用伝言ダイアルの活用が推奨されているのですがやはり使い方について高齢者が付いていけないところがあるのかもしれません。

日本で長年使われてきた公衆電話をなんとか活用できないか?というのが今回の記事の趣旨になります。

公衆電話の設置台数の推移

1984年が公衆電話の設置台数のピークでした。934,903台と100万台弱の台数でした。
その後次第に設置台数は減少し、155,214台になりました。

おそらく1990年代半ばからの携帯電話の普及が公衆電話の現象に拍車をかけているのではないかと思います。

ただし完全にゼロにはなっていないのは何か特別な事情があるのしょうか?

携帯電話の人口ベースでの普及率が100%を超えた現在でも緑の公衆電話はあるところにはあります。

公衆電話は社会的なインフラであるということが認知されているからでしょうか?
公衆電話の設置コストだけでもある程度かかるとは思うのですが、そのコストをうわ回るメリットがあるのではないでしょうか?

公衆電話を知らない世代が増える

40代以降の年代にとっては公衆電話は比較的なじみがあるものと思うのですが
最近の若い人には公衆電話の存在自体を知らない人も多いようですね。

NTT東日本が2018年に起こった北海道胆振東部地震の被災者を対象に
調査を行いました。被災時に家族や友人に連絡を取ろうとした場合に
スマホ、メール、インターネット以外に考えられる手段として何が考えられるか?
という質問に対して、「直接会いに行って伝える」という回答がなんと64.8%にも達したのです。
それに対して公衆電話と答えた割合がわずか12.8%だったようです。

そして驚くべきことに小学生の中で公衆電話の存在を知っていた割合がわずか22%という結果になりました。

さすがに街を歩いてもよっぽど注意しないと公衆電話はまず見つけることができないのでこれは致し方がないのかとも思いますね

公衆電話には以下に示すようなメリットもありますので、存在が忘れられたままですとさすがにもったいないですね。

公衆電話がなくならないのはなぜ?

このように一般の認知が低い公衆電話ですがなぜなくならないのですしょうか?
深い理由がありそうですね。

1.法律の規制

公衆電話の設置については、「電気通信事業法施行規則」
に規定があります。

第一種公衆電話は、通信手段維持の公益性を踏まえ、災害時などの緊急優先通話や、加入電話・携帯電話を使用できない場合の用に供するため、低い利用頻度の箇所を含め市街地で約500m・郊外で約1km四方に1台設置し、台数の維持を図っているほか、設置箇所も原則として、終日公衆の用に供することができる公道上または公道に面した場所としている

上記wikipediaより引用

要するに通信インフラは公益性の高いサービスのために存続をさせなさいという趣旨ですね。赤字の可能性が強いと思いますが、その赤字がどの程度補填されているかよくわかりませんが、運営をする方向で当面は行く予定ですね

2.災害時のメリット

公衆電話は災害発生時に強みを発揮します。緑のアナログの固定電話は電話線から直接電源をとっているため、停電になっても使えなくなるということはありません。

公衆電話は通話制限を受けない電話で、携帯電話のように通話制限を受けるということはありません。

災害時には使えるようにどこに設置されているかの確認を行っておけば
非常に便利です。どこに設置されているかはNTT東日本のホームぺージで検索が可能です。

https://service.geospace.jp/ptd-ntteast/PublicTelSite/CityListPage/?mapPrefCode=13&sp=0

NTT東日本はセブンイレブンの東京23区の店舗に災害用公衆電話の設置を完了しています。
この電話は緑の電話ではなく、白い電話で通常はお客さんの目に増えることはありません

まとめ

公衆電話は減少の一途をたどってきました。現状は150,00台でピーク時の6分の1の
台数ベースです

災害時に携帯電話はつうじないときは公衆電話が有効です。

公衆電話の場所を事前に把握しておけば非常に便利です。

まだまだ公衆電話は災害時に使えます。その存在を忘れないように!

未分類の最近記事

  1. 地震予知で有名な百瀬さんのブログを見て

  2. 自衛隊防災ブックを読んでみました

  3. 東京防災の本を購入してみました

  4. 公衆電話は災害時に使えるのか?

  5. 台風19号の武蔵小杉のマンション停電 根本原因は??

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP