1. 津波
  2. 12 view

東京では津波が起こるのか?

2011年に起こった東日本大震災での津波被害は多くの死者や広報不明者を出しました。

東京では九段会館の天井が落下して死傷者が出たものの、津波による死者は出ていなかったように思えます。来るべき大震災の時に東京湾への津波の来襲をあおるような記事がWEB上で散見されますので今回の投稿に至るものです。

東京では津波の被害はあるのか?

東日本大震災では東京湾には津波の被害が実際にあったのでしょうか?

三陸沖の津波の被害の被害の悲惨さがクローズアップされており、それ以外の地域での
津波被害はあまり話題にはならなかったようなのですが、実際には津波被害が発生したようです。

その当時の千葉県の調査では木更津で高さ2メートル以上の津波が20回以上発生しており、船橋でも同じ高さの津波が観測されました。

東京の荒川や多摩川では津波が川を遡る現象が見られました。東京湾は入り口が狭くて津波の被害はないと言われていたにもかかわらず、津波が観察されたのです。

東京湾での津波の可能性についてはいままでタブーとされていました。東日本大震災より8年以上が経ちましたが、世の中では東京湾での津波の可能性についてはあまり議論されていないようですが、行政レベルではわずかながら、取り組みが進み始めているようです。

津波の河川遡上とは?

津波が川を遡る現象を言います。湾や海底の形状、河川の形状によりいろいろなケースがありますが1メートルの津波でも5キロ程度遡るケースがあるようです。川を遡る津波は陸上を遡る津波とは違い障害物が少ないため、遡る速さが早く、人間が避難する余裕があまりないケースもあるかもしれません。

津波の河川遡上により被害が発生したケースとしては1960年にチリで起こった津波が沖縄県の石川川にまで到達し、家屋に対して浸水の被害が出たというケースがありました。

ほぼ地球の反対側で起こった津波が到達して、河川を遡るという事態にまで到達するというケースは信じられないかもしれませんが本当に存在するのです。

東京都の津波被害シミュレーションを見て

東京都では「首都直下地震等による東京の被害想定」という文書が平成24年4月18日に公表されました。東日本大震災を踏まえて平成18年に公表された「首都直下地震による東京の被害想定」を全面的に見直すことで、バージョンアップが進んだものです。

首都直下地震、海溝型地震、活断層で発生する地震が想定され、M7.3からM8.2の規模の震災が想定されています。

水門が解放されたケースと水門が閉鎖されたケースそれぞれについて津波の到達予想地域と津波の高さが表示されています。

水門閉鎖の場合の東京都全域の浸水面積は約 0.1km2 で、堤外地のごく一部のみとなっ
ている。

水門開放の場合の東京都全域の浸水面積は約 0.3km2 で、堤外地のほかに、水門内
の低い場所への小規模な浸水が予測されている。

(首都直下地震等による東京の被害想定(平成24年4月18日公表)より一部抜粋)

のようにそれほど深刻な被害は想定されていないようですね

大田区の津波ハザードマップを見てみました

大田区の津波ハザードマップにも東京都の津波対策をベースにしたと思われる
津波のハザードマップが掲載されています。

地震のパターンとして首都直下型地震のケースと海溝型地震の二つのパターンでの
ハザードマップが掲載されています。

首都直下型震災の場合はM7.3の規模で海溝型地震の場合はM8.2の規模と
なっております。

いずれの地震のパターンにおいても堤防を越える津波高は想定がされておりませんので
格段の被害は想定されていない模様です。

こちらも水門が解放されたままのケースと水門が閉鎖されたケースの2通りにわたって
説明がされています。

水門が閉鎖されなかったケースでは一部の低地に浸水が見られ、水門が閉鎖されたケースでは
河川敷の一部に浸水がみられるとの想定です。

大田区発行のハザードマップの下の部分には、
「危険性は低いですが、知っておくことは必須です」とありますので
別段神経質になる必要もないのではないでしょうか? 行政のコメントは通常リスクをとらずに安全サイドを目指しますのでかなりの角度で信頼しても良いような気がします。

おわりに

いろいろと津波が東京湾を直撃した場合、オリンピックの競技場が大被害を受けるなど
いろいろとあおるWEB上での記事が見られますが、過度に影響を受けて右往左往するべきではありませんね

将来来るであろう首都直下大震災では津波より、建物被害や帰宅困難対策に焦点を合わせるのが良いのではないでしょうか?

津波の最近記事

  1. 世界一の高さを誇る津波はどのようなものか?

  2. 津波の高さと危険度について考察を行ってみる。

  3. 東京では津波が起こるのか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP