1. 被災後のノウハウ・生活
  2. 990 view

在宅避難とはなにか?メリットとデメリットを考える

東京都では震災が起こった時の有効な選択肢としての避難先として在宅避難をすすめています。過去の大震災のケースですと近隣に避難所があり、多くの人が共同生活を行っています。最近東京都を中心にして広まっている考えとしてあるのが在宅避難という考えです。この在宅避難のメリットやデメリット、また在宅避難を行うために必要な準備について説明をしていきます。

在宅避難の定義

在宅避難とは大規模な自然災害が発生したときに、行政より避難指示や避難勧告が
出されますが、あえて指定された避難所に避難することをしないで、自宅にとどまる避難行動をとることを言います。

在宅避難の行動をとる理由としては、避難所の収容能力を見て避難所で適切な
ケアを受けることが難しいと判断した場合や、避難所への移動の際に危険を伴う
と判断した場合が挙げられます。

行政より避難勧告を受けた場合、実際に避難行動をとるかどうかはあくまでも
各人の自由意志によります。特に台風の風水害のケースで風水害がどの程度激しくなるかの見極めが重要になりますが、結果的に在宅避難を選んで正解だったというケースもあります。

高層マンションは木造の一戸建てとは違い、震災の際の倒壊の恐れが
少ないです。地域の防災拠点として機能する場合も多いです。

特に高層マンションが多い港区では、マンションの住人に対して
在宅避難をすすめています。

このことはおそらく、都心では十分な余地を持つ避難所が少なく
いざという時に多くの人を収容することができないということが
理由として考えられます。

また東京都が販売している「東京防災」という小雑誌でも以下のように
在宅避難をすすめています。

自宅で居住の継続ができる状況であれば、在宅避難をしましょう。避難所では、
環境の変化などによって体調を崩す人もいます。事前に住宅の耐震化を行い、
食料や水など必要な物を日頃から備え、可能なかぎり在宅避難できる準備を
整えておくことが大切です。

避難所は、自宅に居住できなくなった被災者を一時的に受け入れ保護するため
の場所です。東京都では、学校や公民館などの公共施設約3,000 の避難所と、
一般の避難所では生活に支障があり特別な配慮を必要とする人を受け入れる約
1,200 の二次避難所(福祉避難所)を確保しています。

一応、東京都では1次、2次の避難所合わせて4200の避難所があります。
一つの避難所でざっくり500人の避難が可能になるとして避難所に避難できるのは
200万人です。東京都の住人は1000万人を超えていますので
大部分の人は避難所に入れないことになります。

このことが東京都が在宅避難を推奨している理由かもしれませんね

このように東京都では在宅避難がスタンダードになりつつあります。

在宅避難のメリットとデメリットに関して

在宅避難には良い面と悪い面の両方があります。

まずは在宅避難のメリットとして挙げられることを説明させていただきます。

1.住み慣れた場所で落ち着いて?避難生活を送ることができる。
2.一人もしくは少人数で生活をするので病気の感染の心配がない
3.自宅で生活を行うので犯罪の被害に会う心配がない

次に在宅避難を行うと都合が悪くなることを説明いたします。

1.一人で生活を行うため、最新の情報がなかなか入手できなくなる恐れがある。
 (避難所だと必要な情報をタイムリーに得ることができる)
2.食料、飲み物は自分で調達が必要(避難所だと最低必要な生活物資が支給される)

個人のプライバシーを確保して生活をする意欲があり、必要な物資の確保を独力でできる人なら在宅避難はおススメになります。

在宅避難を行うために必要な準備

東京都発行の「東京防災」では在宅避難のための準備として3項目があげられています。

1.ガス、電気、水道の代替手段を準備する
 震災時には日常の生活で使うことができたガス、電気、水道が最悪の場合全く使えなくなります。ガスについてはカセットコンロ、電気については乾電池と充電器、水道についてはペットボトルの水を用意しなさいとのことでした。

また災害時の給水ステーションの場所を把握しておくと便利です。

2.食品、生活用品などの備蓄
 ここで基本的に重要なのは、飲料水、生活用品などは日常からすこしずつ取り揃えて
 使用して少なくなったそばから補充をしていくというものです。

3.下水道の使用確認
 水害や震災により、下水道が使用できなくなっている場合もあります。  
 その場合は自治体が自宅外で代替トイレを提供している場合はそちらのトイレを使うことになり ます。もし代替トイレが提供されていない場合は、自宅で備蓄をしている簡易トイレを使用することになります。

在宅避難に向き合おう

東京都内ではどうしても避難場所の都合で在宅避難をせざるを得なくなるかもしれませんいざとなってからでは遅いので、食料品、日用品の備蓄を地道に進めておいた方が良いですね

被災後のノウハウ・生活の最近記事

  1. ホームレスは避難所を使用してはいけないのか?

  2. 在宅避難とはなにか?メリットとデメリットを考える

  3. 避難生活でコンタクトは使えるの?

  4. 被災地での生活 お風呂に入れないときはどうする

  5. 節電のアイデアについてまとめてみました

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP